会社沿革

サンパワーは1970年代より太陽光発電技術を開発し、記録を次々と更新してきました。
これまで数十年もの歩みは、創造力、物作りの技能、信頼性を特徴としています。

リチャード・スワンソン博士1970年代

太陽光システムのイノベーションにおける私たちの歴史は、40余年前、共同設立者のリチャード・スワンソン(Richard Swanson)博士が石油危機への対策を思案していた時代にさかのぼります。当時、衛星に太陽電池が使用されており、博士はこれが極めて魅力的な概念だと気づきました。この電池をコスト効果の高い方法で製造することが技術的な課題でした。そこで博士はそれを追求し始めました。こうして始まった研究は、40余年を経た今、住宅用、商業用、発電所用の大規模なものなど、太陽光発電において他社の追随を許さない地位をサンパワーにもたらすこととなります。

サンパワーの創業1980年代

1985年、スタンフォード大学電気工学科の教授になっていたスワンソン博士は、米国電力研究所と米国エネルギー省から、太陽光発電開発の資金援助を受けるようになっていました。このほかにベンチャーキャピタル2社から財務支援を得るなどして、サンパワーは1985年4月、正式に法人組織となりました。

最先端の太陽光発電プロジェクトのための資金提供を受ける1990年代

1990年代、サンパワー社はベンチャー向け投資団体とテクノロジーファンドから初の資金提供を、米国電力研究所と米国エネルギー省から研究開発契約を獲得しました。サンパワーの太陽光テクノロジーは、最も革新的な太陽光発電のレースカーや飛行機向け用途の発電に用いられました。

1990年

サンパワーはベンチャー向け投資団体から初の資金提供を受け、米国電力研究所および米国エネルギー省と研究開発契約を取り交わしました。

1993年

サンパワーの高効率の全バックコンタクト型ソーラーセルを搭載したホンダの車が、オーストラリアでのカーレースで2位に丸1日の大差をつけて優勝しました。

1997年

変換効率の高いサンパワーのソーラーセルは、無人操縦、太陽光駆動、遠隔操作で高高度飛行が可能なNASAのパスファインダーに動力を供給しました。

ナスダック上場2000年代

この10年、サンパワーは数々の画期的な展開を迎えます。トム・ヴェルナーをCEO(最高経営責任者)としてナスダックに上場し、新たな段階に入ったのです。またソーラーセルの変換効率でも世界記録を次々と塗り替えました。

2001年

変換効率で世界記録を持つサンパワーのA-300ソーラーセルがNASAの「ヘリオス」プロジェクトの動力源となり、高度96,863フィート(約29,500メートル)の最高記録を達成しました。

2002年

Cypress Semiconductorの取締役会がサンパワー社に8百万ドルを投資しました。

2003年

サンパワーはCEOにトム・ヴェルナーを迎え、新たな段階へと入りました。

2004年

サンパワー初の製造施設「ファブ1」がフィリピンで、また初の発電所がドイツ・バイエルンで操業を開始しました。

2005年

サンパワーは株式公開を成功させ、ソーラー市場での新たな成長と確固たる地位に弾みをつけました。

2007年

サンパワーは平均変換効率が22.4%という世界記録水準セルの量産を開始しました。PowerLightの買収により、住宅用、商業用、発電事業の垂直統合を果たしました。第2の製造施設となる330MW(10製造ライン)の生産能力を有する「ファブ2」がフィリピンで操業を開始しました。

2008年

サンパワーは、単結晶シリコンソーラーセルのプロトタイプで変換効率の世界記録23.4%を達成したことを発表しました。

2009年

サンパワーの25MWの太陽光発電のシステムを導入したFlorida Power & Lightのデソトの施設の落成式にオバマ大統領が出席しました。PlanetSolarが世界最大のソーラー双胴船の動力としてサンパワー社の高効率ソーラーセルを採用しました。

サンパワーは、太陽光発電の変換効率において世界記録を次々と塗り替えました。2010年代

この10年、サンパワーは数々の画期的な展開を迎えます。トム・ヴェルナーをCEO(最高経営責任者)としてナスダックに上場し、新たな段階に入ったのです。またソーラーセルの変換効率でも世界記録を次々と塗り替えました。

2010年

サンパワーは、単結晶シリコンソーラーセルのプロトタイプで変換効率の世界記録23.4%を達成したことを発表しました。

2011年

フランスTOTAL社とサンパワーが太陽光発電業界で新たなグローバルリーダーを目指し、パートナーシップを提携しました。太陽光エネルギー飛行機のプロトタイプ、ソーラーインパルスがサンパワーマキシオンソーラーセルを搭載し、航空業界初となる太陽光エネルギーのみでの連続26時間飛行という歴史的な成功を収めました。サンパワーは太陽エネルギーを7倍に濃縮するC7 Trackerを発表し、公共事業規模の太陽光発電所向けに最低のLCOE(均等化発電原価)を達成しました。

2013年

サンパワーセルを動力源としたソーラー飛行機、ソーラーインパルスがアメリカ横断に成功しました。サンパワーとU.S. Bancorpが連携し、「頭金なし」のローンと製造元直結の性能保証の提供を始めました。サンパワーは大規模太陽光発電所向けのソーラーパネル清掃ロボットの製品とサービスを提供するGreenbotics, Inc.の買収を発表しました。

2014年

サンパワーは生産目標としていたソーラーセル10億枚の製造を達成しました。サンパワーのソーラーパネルが、持続可能な製造プロセスに対してCradle to Cradleの認証を受けました。ソーラー会社としては唯一、この認証を初めて取得しました。サンパワーは、システム設計の柔軟性を高めながら設置コストの低減を実現する高性能マイクロインバータ技術のSolarBridge Technologies Inc.を買収しました。サンパワーは統合型テクノロジソリューションに投資し、顧客がエネルギーコストを管理できるように支援し、住宅、企業、公共事業にスマートエネルギーソリューションを提供するためのシステム強化に乗り出しました。

2015年

First Solarとサンパワーは、YieldCoの新規株式公開の登録届出書を提出したことを発表しました。サンパワーは創業30周年を迎えました。