green construction using solar panels

グリーンビルディングとは: 環境に優しい建造物についての説明

産業用太陽光発電
太陽光発電を検討

グリーンビルディングとは、簡単に言うと、環境に配慮した建造物の建設(および運用)を指します。

もっともな理由が数多くあるため、グリーンテクノロジーに基づく建設はより一般的になりつつあります。その理由のいくつかは、『Smart Cities Dive』の最近の記事で概説されていますが、それらを見ていく前に、まず、どのような配慮が環境に優しいサステナブルな建造物に求められているのか理解しましょう。

グリーンビルディングの実践

新しい建物を建設する場合も、既存の建造物を改装する場合も、どうすれば運用コストを削減できるかを模索しながら、グリーンビルディングを実現する方法はたくさんあります。グリーンビルディングのアプローチに共通する目標は、これから建設する建物や既存の建物が、環境や周辺地域に与える悪影響を最小化または排除することです。では、どのアプローチを取るべきなのでしょうか?専門家がお勧めするのは、あらゆるアプローチを取ることです。

記事から抜粋すると:

「最高のシステムをひとつだけ選んで、それだけにフォーカスを置くのではなく、環境に優しい改善策をできるだけ多く取り入れていくべきです」

比較的一般的なグリーンビルディングの実践には、次のものがあります。

  • リサイクルされたガラスやスチールなどのサステナブルな建築資材、竹やゴムなどの再生可能な材料を使用する。
  • エネルギー効率の高い窓や扉を設置する。
  • 低VOC(揮発性有機化合物)塗料や染料を使用する。
  • 敷地内の庭、雨水管理、有害な紫外線の影響からの保護など、多くの利点を提供するグリーンルーフシステム(別名「屋上緑化」)を建設する。
  • 降雨を最大限に活用し管理するための水の集積・浄化システムを導入する。
  • 産業用ソーラーパネル・カーポートを設置して、屋根付き駐車場や電気自動車用の充電ステーションを提供する。
  • 自然光を最大限に取り入れることにより、照明要件(およびその電力コスト)を削減するだけでなく、寒い季節にも建物を暖かく維持する。
  • 再生可能エネルギーを事業用に使用する。例えば、産業用ソーラーパネルシステムや産業用エネルギー貯蔵システムを設置する。

グリーンビルディングのメリット

環境に優しい建物に環境上のメリットがあることは明白です。すぐには思いつかないかもしれませんが、グリーンビルディングを実践すべき説得力のある理由は他にもあります。例えば、次のような理由です。

  • 従業員がより健康で幸せになれる。グリーンビルディングで働く従業員は、頭痛を患うことが少なく、喘息や花粉症の症状も改善することが報告されています。
  • エネルギーコストを削減できる。
  • 優秀な人材を採用し、雇用し続けられる。
  • グリーンビルディングは、標準的な建物より高く売れる可能性が高い。
  • 環境に関心を持つ消費者がますます増加しつつある中、そうした人にアピールすることで、ビジネスチャンスがさらに広がる。

記事からの抜粋では:

最近の調査では、調査に参加した世界中の消費者の81%が、環境保護のために犠牲を払う意思があるということが明らかになりました。また、企業としての社会的責任に強いコミットメントを示している未知のブランド製品の購入について、80%の消費者が前向きな姿勢を示していることがわかっています」

グリーンビルディングについてもっと知りたい方は、記事の全文をこちらでお読みいただけます(英文)。