solar electrician working on electrical box

企業のエネルギーコストを削減する簡単な方法10選

産業用太陽光発電
太陽光発電を検討

月々電気代を払っていることについては、あまり意識していないかもしれません。意識していても、経費として当たり前だと思っていませんか?しかし、本当はそうではありません。オフィス内でほとんど使われていない部屋があり、その部屋の分も電気代を払っているとすれば、誰でも光熱費をカットしたいと思うでしょう。

実のところ、組織や施設の規模に応じて異なりますが、オフィスのエネルギー効率を高める簡単な手順を踏むだけで、毎月数十万円もの電気代を節約できるかもしれません。ここでは、エネルギーの短期的・長期的な節約をもたらす具体的なヒントと簡単な手順をご紹介します。

  1. エネルギー監査を受ける
    「監査」という言葉に心躍る要素は何もありません。最初は面倒だなと思われるかもしれませんが、会社の光熱費と使用量を考えると、是非にも取り組む価値はあります。資格を持ったエネルギー監査官の監査を受けることで、報告書から毎月の使用料の明細、エネルギー効率を改善する方法、電気代を下げる方法を見つけることができます。
  2. 使用していないときは照明や機器の電源を切る
    これは当たり前に思えるかもしれませんが、コンピューター、モニター、プリンター、その他のすべての機器が消費する待機電力がどれほどかを知ったらきっと驚かれることでしょう。夜間は「スリープモード」にしたり完全に電源を切ることで、使用していない機器の電気代が浮きます。担当者に終業時にオフィス内を点検してもらい、待機電力を消費している機器があれば電源を切ることを日々の業務肉見込みましょう。電子レンジ、コーヒーメーカー、ラジオ、テレビなど休憩室の機器も同様です。電気を消費する機器はすべて1つのテーブルタップに接続すると良いかもしれません。そうすれば、部屋から出る前に一度にすべての電源を切ることができます。
  3. できるだけ自然光を活用する
    日差しを取り入れましょう!作業スペース付近のブラインドを開いて日光をできるだけ取り込んだり、天窓やその他の自然光源を活用して、昼間の照明を減らします。また、オフィスに明るすぎるエリアがあるかどうかを確認し、不要な照明を減らせるかどうかを確認することもやる価値があります。
  4. 長持ちする電球型蛍光灯(CFL)や発光ダイオード(LED)電球を設置する
    「ちりも積もれば山となる」というように、これも節約の一つの手順です。1日10時間点灯する60Wの電球1個をエネルギー効率の高い18Wの電球に交換すれば、毎月1ドル以上を節約できます。年間にわたって社内にある電球数百個(あるいは数千個)を掛けると、相当な金額を節約できることになります。エネルギー効率の高い電球に替えることは、単に短期的な電気代を節約するスマートな結論というだけではなく、耐用年数も長いので長期的に備品の節約にもなります。Energy Star LED電球は、最低でも電力を75%削減できるだけでなく、白熱電球の平均50倍の期間(最大20年)使用できます。
  5. 必要に応じてセンサーライトや自動調光器で調整する
    驚くことに、照明は商業施設の電力使用量の18~40%を占めています。そのため建物の照明をいつ、どこで、どのように使用するかをより賢く工夫するだけでも、積もり積もって大きな節約につながります。「常時点灯」が必要のない廊下、ミーティングスペース、その他の場所にモーションセンサーや自動調光器を設置し、照明レベルを測定して本当に必要なレベルに調整しましょう。
  6. 予約可能なサーモスタットを設置し、賢く使用する
    設定が可能なサーモスタットを使用すると、職場に誰もいないとき(夜間、週末、休日など)に温度を自動的に調整できます。従業員が出勤する30分前にエアコンや暖房をオンにし、帰宅する30~60分前にオフにするように設定しましょう。暖かい季節は、エネルギー使用量を削減するため、勤務時間中はサーモスタットを25度以上に設定することをお勧めします。涼しい季節にはサーモスタットを20度以下に設定します。
  7. スクリーンやフィルム、隙間充填材を使用して断熱する
    会議室の窓からすきま風が入っても大した問題ではないと思われるかもしれませんが、建物から出て行くのは実はお金とエネルギーです。これは、単純すぎて見過ごされがちな問題です。窓やドアには隙間充填材、コーキング、フォームで目張りをしたり交換してエネルギーを節約しましょう。ただし、窓のすきま風を防ぐことだけがエネルギーとお金を節約できる唯一の方法ではありません。窓から太陽光を取り込むと、光だけでなくも取り込んでしまうため、暑くなったオフィスを冷やすのに費用がかかります。暑い季節にはサンシェード、オーニング、高反射率の窓ガラスフィルムなど、断熱してエネルギー効率を高めるのに役立つ窓周りの対策はたくさんあります。
  8. エネルギー効率の高いオフィス機器を選ぶ
    省エネ評価の高いコンピューター、モニター、プリンター、ファックス、スキャナー、コピー機は、待機時間が長くなると電源が自動的に切れるなど、効率的に使えます。こうした機器を選ぶことで、エネルギーの使用量を50%以上も節約できます。また、暖房器具やエアコンが旧式で効率がよくない場合は、不必要に電力が消費されかねず、費用もかさむことになります。旧式の暖房器具やエアコンは省エネ型のモデルに交換しましょう。
  9. 事業の推進に代替エネルギーや再生可能エネルギーの活用を検討する
    太陽光発電など産業用再生可能エネルギーを活用して事業の一部または全部に電力を供給することは、企業のエネルギーコストの長期的な削減に役立ちます。そうすることで有害なCO2や他の温室効果ガスを排出しない方法で電力を発電できます。いくつかの要素を考えると、長期的に低コストで事業に必要なエネルギーを得るため太陽光発電(または他のクリーンエネルギー)に投資する上で今より良い時期はないかもしれません。産業用ソーラーエネルギー蓄電システムの設置も検討できるかもしれません。
  10. HVACシステムが円滑に稼働できるようにする
    定期的にHVAC機器のフィルターを交換し、推奨される頻度でユニットの検査と清掃を行います。どの通気孔にも前に家具や紙を置かないようにします。

20年前、企業の経営陣に「エネルギー効率とは何か、それが業績に与える影響とは?」と尋ねたとしても、ぽかんとした顔をする人が多くいたことでしょう。しかし、時代は変わりました。企業はすでにその責任を果たしていると思われているかもしれませんが、エネルギー効率をさらに高め、電気代をこれまで以上に節約する余地はまだまだあります。オフィス全体の事業エネルギーコストを削減する方法を学び、再生可能エネルギーの発電量を増やすことで、競合優位性と成功への道も拓かれていくことでしょう。