サンパワーソーラーセルは
投資リターン力に優れています

Maxeon®(マキシオン)セルの設計は従来型とは根本的に異なり、頑丈な銅基盤に形成されています。

 

発電力

革新的な発電力

同じ定格ワットで、7~9%も多くの電力を生み出せるという事実1
これが意味することは、サンパワーのMaxeon®(マキシオン)テクノロジーで設計されたソーラーパネルが世界最高クラスの発電量を誇るということです。そして他のソーラーパネルに比べて、環境の変化から影響を受けにくく、常に高いパフォーマンスを発揮するということ。この差はわずかなように見えて、決して小さくありません。
ソーラーパネルが運用される期間は20年以上におよびます。長期的に見ると、投資へのリターンにおいて大きな差が生じます。

詳しくはこちら

  • 1. BEW/DNV Engineering 「SunPower Yield Report」 2013年1月、従来型パネル: 250W、変換効率15.3%、約1.6m²

発電力

かつてない信頼性2

どんなに優れた製品であっても、すぐに故障してしまうようでは意味がありません。パフォーマンスが長続きすることは、投資に対して十分なリターンを得るために極めて重要です。
特にソーラーパネルのように、いつも屋外にさらされるもので、長期間にわたって運用される場合、この「信頼性の高さ」は決して見逃せません。
その点、25年にわたって製品と出力性能を複合保証するサンパワーの場合は安心です。1985年創業以来、25年以上にわたる経験と実績に基づいて、この比類の無い保証を実現することができました。

詳しくはこちら

  • 2. Fraunhofer CSEの 耐久性テストで第一位、「PV Module Durability Initiative Public Report」2013年2月、パネルメーカーのトップ8社の内、5社に対するテスト結果、Campeau, Z. et al. 「SunPower Module Degradation Rate」 SunPower white paper、2013年2月