サンパワーEシリーズ 太陽光パネル

サンパワーのEシリーズパネルは、バックコンタクト設計のMaxeon®(マキシオン)という、他社と全く異なるテクノロジーをベースに構築されています。その独自の設計で、同じ面積でより多くの太陽光を取り込み、電気に変換します。さらに、裏面の強固な銅基板は、長期パフォーマンスを保証する極めて優れた耐久性を実現します。このため、投資に対してより高いリターンを生み出すことができます。

定格ワットあたり、より多くの価値を生み出す
初年度では従来型に比べ定格ワットあたり7~9%多くの発電が可能1
従来型との差は年とともにさらに拡大し、25年間の発電量は20%多くなります2

1平方メートルあたり、より多くの価値を生み出す
Eシリーズパネルは、より多くの太陽光を電気に変換するため、パネル1枚あたり31%高い定格出力を生成。
従来型パネルと比べると、25年間で1平方メートルあたり60%多く発電します2

 

  • 1. BEW/DNV Engineering 「SunPower Yield Report」 2013年1月、従来型パネル: 250W、変換効率15.3%、約1.6m²
  • 2. a. b. サンパワーのE20/327 vs. 従来型パネル(250W、変換効率15.3%、約1.6m²), ワット当たり8%より多く発電, 年間0.75% より遅く低下率、 BEW/DNV Eng. 「SunPower Yield Report」 2013年1月 Jordan, Dirk 「SunPower Test Report」 NREL、2012年10月 Campeau, Z. et al. 「SunPower Module Degradation Rate」SunPower white paper

*サンパワーの(SPR-E20-327、SPR-E20-327-COM)はJPEA代行申請センター(略称 JP-AC)の"太陽光パネルの型式登録リスト"に登録されております。

ソーラーパネルの
価値のはかり方

LCOE(Levelized Cost Of Energy)とは費用対効果を示す数値です。
「発電にかかる総コスト」を「期間内に発電した総エネルギー」で割って算出します。「発電にかかる総コスト」には「パネル購入費」「設置コスト」「運営費」「メンテナンス費」が含まれます。

サンパワー社のマキシオンテクノロジーで設計されたソーラーパネルは、パネル数の少量化、設置面積の縮小により、設置コストを抑え、かつ故障が少なく、LCOEは最適化されます。

業界初25年間の製品・出力複合保証
最高レベルの安心感を、25年にわたってお届けします。

保証についての資料をダウンロード(PDF)

当初の5年間における最大出力の下限値は95%以上、
それ以降年間の出力低下率0.4%以下を保証します。
サンパワーの出力保証は、業界標準よりも9.1%多い発電量を保証し、
25年間にわたる安心および低リスク、高い投資リターンを保証します。

革新的な発電力の詳細はこちら

一般的な製品保証が10年なのに対して、サンパワーは25年。
出力・製品の保証を1つにまとめることにより、
故障による出力低下についての不安を解消しました。
但し書きのつかない1つの総合保証で安心と信頼をお届けします。

かつてない信頼性の詳細はこちら